接客 三越伊勢丹 エバーグリーン 給与

接客重視の三越伊勢丹が「エバーグリーン」制度

google Sponsored Link

 

2008年4月1日共同株式移転により株式会社三越伊勢丹ホールディングス設立
2011年4月1日に三越と伊勢丹と合併して発足した「株式会社三越伊勢丹」

 

 

それを機に、
三越伊勢丹ホールディングスが始めたのが

 

エバーグリーン制度

 

日々の接客のなかで高い成果を上げている販売員を表彰・認定する制度で
年に1回、
まず全国の各売り場を担当するセールスマネージャーが商品知識や接客の仕方、
常連客の数など独自基準をもとに優秀な販売員「グリーンスタイリスト」を選び、
更にその中から、
各店の店長や販売部長が特に優秀な販売員をエバーグリーンとして認定するもの。

 

【選出基準】

  1. 豊富な商品知識・高い販売技術・ホスピタリティをもち、顧客との強い信頼関係をつくっている
  2. 現状に満足する事なく自らのレベルアップに努め、周囲の仲間にも良い影響を与えている
  3. 実績(お客さまの人数など)の背景に、周囲に広げていきたい質の高い工夫(クリエーション)がある

 

2011年度、
首都圏9店舗でスタートし、
2012年度は対象を三越伊勢丹グループ全体に拡大
お客さまとの接点をもつ約65000人の販売員を対象としている。

 

2013年3月25日には、
グループ各店各社が選出した59名が「エバーグリーン」に認定されている

 

google Sponsored Link

接客重視の凄い給与体系を導入

三越伊勢丹は、
2014年新しい給与制度を発表した。

 

その中身は優秀な販売員を優遇するもの

 

社員表彰制度「エバーグリーン」によって販売員のパワーを重視している同社だが、
現在年間1億円以上を売り上げる優秀な販売員でも年収1000万円に満たない。

 

そこで

 

2015年春から、
販売実績の高い上位数十人の社員を対象に、
販売実績に応じた成果給制度を本格導入する。

 

2016年には販売担当の社員にも幅広く適用する方針だという。

 

最も優秀な販売員の年収を
役員並みの水準にする模様。

 

接客業の地位向上、待遇改善により
販売員のモチベーションを高め、サービス向上につなげたい意図であろう。

 

これが売り上げUPにつながるか注目される。